中学生のモデルケース

この記事は約2分で読めます。

中学生の通塾例

ケース1

  • 中学3年生
  • 毎週火曜日と木曜日と金曜日
  • 計5コマ(2コマ、2コマ、1コマ)
  • 5科目を指導
  • 育伸社iワークを使って予習、シリウスで実力養成。他、受験に向けて復習用テキストなど使用。
  • 定期試験前には学校の問題集の疑問点などにも対応。
  • 私立高校の特進クラスを目指します。

高校進学を意識しつつ定期試験対策を軸に予習の指導を行います。
英語と数学の指導を行っていたが苦手意識のある国語、社会もあとから追加する形で受講することになりました。
宿題は各科目のテキストからと、ビットキャンパスで社会の一問一答に取り組んでいます。
社会の復習には学びエイドも併用します。

年間教材費は5科目で22,000円
指導料は中学3年生の5コマ:26,950円(月謝:29,370円)
模試の受験料が別途必要。(年間で2万円ほど必要。)

ケース2

  • 中学2年生
  • 毎週木曜日と金曜日
  • 計4コマ
  • 英語と数学と理科を指導
  • 育伸社iワークを使って予習、シリウスで実力養成。
  • 定期試験前には学校の問題集の疑問点などにも対応。
  • 公立高校普通科への進学を目指します。

高校進学を意識しつつ定期試験対策を軸に予習の指導を行います。
苦手な数学の進度を調整しつつ好きな理科を1コマ指導します。
宿題は各科目のテキストからとビットキャンパスを毎日の課題にします。

年間教材費は3科目で17,600円
指導料は中学2年生の4コマ:20,680円(月謝:23,100円)

ケース3

  • 中学2年生
  • 毎週月曜日と金曜日
  • 計2コマ
  • 英語と数学とを指導
  • 育伸社iワークと、ENのステップバイステップを使用
  • 簡単な問題を中心に学校授業の内容理解を目指します。
  • 定期試験前には学校の問題集の疑問点などにも対応。

高校進学を意識しつつ、日常学習の補助を行います。
宿題は各科目のテキストからとビットキャンパスを毎日の課題にします。

年間教材費は2科目で15,400円
指導料は中学2年生の2コマ:10,340円(月謝:12,760円)